ちょこがカカオに

手首にヘアゴムを着けさせる為だけにスタイリストになりたい

「untitled」を見ました

 

 

 

またもや騒がしい世の中ではありますが、私のヲタクとしての出身地とも言える嵐のDVDを無事フラゲし、鑑賞しました。

 

 

昔から、「嵐のコンサートはDVDで見るもの」という感覚のある私ですが、今回のDVDもとても楽しみにしていました。

 

 

原因は大きく二つ。

 

・ユニット曲のメンバー分けが最&高

 

・特典「嵐の嵐会」

 

 

いやぁ、いいね。

 

嵐のパフォーマンス、なんでこんなに染みるんでしょう。

 

今回も好きな曲が多いってのはあると思う。

特に「Green Light」と「Sugar」が好きなんですけど…

 

まぁ、読んでくれる方にわかる方がいたらいいなくらいの気持ちで同意を求めます()

 

主には私のただの感想ですが、嵐わかる方が読んでる率は低いだろうという前提でステマのようにお話しして行きたいと思います。

 

まずやっぱり、頭から洒落てるんですよ。

数々のジャニーズのコンサートを沢山見てきたの私の感覚として、メンバーが1人ずつ写って「きゃ〜!」のテンプレから外れてくるスタイル(伝われ)

 

そしてキラキラハデハデしない衣装。

 

大人の色気が漂い、程よい貫禄と残る可愛さ。

 

私の知ってる10年間、彼らはどんどん成長していて変わっているのに、ずっと良さは変わらないどころか増える一方でもはや泣ける。(誰だよ)

 

「Attack it!」は泣くって。

なんと『Beautiful World』以来ですって。

にのちゃんの「だいかいじゅ〜」のおててと翔ちゃんの「シカトする!」の後のあのチャラいお顔、好きじゃないヲタクはいないっしょ?

 

まぁね、私ラップ曲大好き人間なんで好きなんですわかってください。(知らんがな)

 

 

そしてInterがまたもや洒落てる。

なんだそのナレーションという素晴らしい技法は。

NEVERLANDで初めて見た『アイドルが映らないInter』というものがまさかのナレーションスタイル。

なんかめっちゃ声いいし、話す内容も少しずつ歌詞を織り交ぜたりしてヲタクがワクワクする仕掛けだらけ!!

 

 

はい。お待たせしましたユニットコーナー。

JUMPの世界とセクゾの世界でのユニット曲は着替え時間を考慮した分配になってるけど嵐さんはまとめてワンコーナー。

 

ど頭に「UB」を持ってくるあたり既に拍手だしそもそも曲自体が天才なんだけど、演出がこれまたよかった。

 

各々の方向を向いて歌い上げる少しツンとした気持ち。

二番で歩み寄りながら素直になって感謝を伝え、

センターで出会って絡み合い出して()

そのあと響く2人のハーモニーで「We are one」

泣くわそんなん。

にのあいシンメが好きな人間がこれに感動しないなんて不可能だ。

最後の最後にStand by meで手を振りあえば私の潤んだ目からは涙がほろり。(実話)

しかもさ、相葉雅紀の歌が上手くなりすぎ。

嵐でも歌担当の二宮和也と対等にゆったりテンポの歌を歌って感動させられるってやばい。(やばい)

8年ほど前には光る衣装着て「ひぇ〜」って謎の声出してたあの相葉雅紀ですよ?

もはや怖い。

 

 

続いて私の推し、翔潤による「Come Back」

曲を聴く前から絶対かっこいいと確信していたこの曲で、スカジャン着てラップバトルなんてそんな願っても無いことしてくれると思わないじゃん。

まず顔がいいしな?

とてつもなくビジュアルがすんばらしいお二人によるキレッキレのダンスも見もの。

うん、ごめんね?ラップ曲が好きなの。(二回目)

ちなみにここでJr.ちゃんたちにやっと出番がきます。

 

 

そして、私はこのためにこのDVDを買ったと言っても過言ではない「夜の影」

 

マジ名曲。

 

曲的にはだいぶ大野さんソロ感が強い。

フリも大野さんがつけたっていうし、ソロでやっててもおかしくなかったと思う。

けど、すごいいいのは何と言ってもサビのハモり。

Aメロからソロパートを繋いで行って、サビで初めて3人の歌声が出会う。

ヘッドフォンとかで大きめの音で聴いてみて?めっちゃ感動するから。

嵐の中でも特に歌える3人。推せる。

そしてまた素晴らしいダンスなんだこれが…

かっこいいとかいう次元を超えて…

すげぇ。

普段ダンス売りにしてますみたいな9人組見てるはずなんだけど、なんか全然違う。

9人がぴったり揃う彼らのダンスももちろんすごいし大好きだよ。

だけど、彼らにこれはできないと思う…

それこそパフォーマンスで『魅せる』とはこのことって感じ。

それにはやっぱり大人の魅力って必要なのかもしれない。

アラサーになってもずっと可愛い彼らとは、方向性が違ってくる。

 

 

って、そんなかっこいいことをやった直後に流れ出すアキバ系ヲタクに扮する櫻葉の会話。

途中で大野さんも参加して、伝説のアイドルのライブに参加するために新宿への進出を決めるところからこの曲、「バズりNIGHT」が始まる。

私は声を大にして言いたい。

 

おい、なにやってんだ。

 

国民的アイドル『嵐』が東京ドームのど真ん中でヲタクになって駆け回り、ヲタ芸した上でまさかのケバケバアイドルに…

10年私は何を追ってきたんだろうと少し不安になったよ。

そしてこの歌、めちゃくちゃ取り憑かれる。

ずっと「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙(黄巻紙〜)」って流れてるのよ。

最後をエコーっぽく繰り返すのだけでもやめて欲しい。シュールが過ぎる。

これをやってる1人はつい数秒前まで自分がつけた振りでかっこよく踊り、もう1人は数分前までスカジャンでラップかましてて、もう1人は数分前にシンメとの友情で感動の涙を誘った…

既にやばさしかない。

おかしい。

でも、その後のノリがやっぱり嵐だし好きだわこりゃってなるから不思議なもんです。

 

 

そして、すこしわちゃわちゃも織り交ぜながら全く飽きのこないコンサートを2時間半強楽しませていただきました。

 

 

 

そして、楽しみにしていた「嵐の嵐会」

 

ファンの子もこんな風にして嵐会やるのかな〜って呑気に仰りますが、ヲタクの財力は基本あなた方に吸い取られていてそんな豪勢な会を開く金はないです。

肝に命じてくださいよ嵐さん。

 

解説員松本の裏話や分かりやすい解説とともに楽しく鑑賞する4人。

美味しそうなご飯を食べながら、「ここはよかった」とか「これは下から俺も見てるんだよ〜」とか、可愛いお話たくさん聞けた。

風磨くんのお名前出たりJr.ちゃん褒めてくれたり掛け持ちも喜べるし布教にも使えてマジすばら。

 

みんなでお家の中で自分らだけでご飯まわしたり飲み物入れてきたりするのに「ひみつの嵐ちゃん」みを感じて嬉しくなったのはツイッターでも話したので。

 

最後のカンパイソングでサビの度に「かんぱ〜い!」って盛り上がる嵐は最高に好きな嵐だった。

 

 

よし、感想は書き殴ったぞ。

見てみたくなったらぜひ私まで。()

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている間に金髪の件が私の耳に舞い込んできた。

書き上げるまでの間に彼のリングを読んだ。

みんな、強く生きような。私たちは愛されているぞ。

 

それが今言っても上辺にしか聞こえないとかいう声も聞こえる。

でも、それでいいじゃんか。

アイドルとしての彼らが私たちを愛してくれているんだ。

人間手越祐也が1人の女を愛する形と違ったっていい。

それがアイドルとファンだぞ。

 

 

さぁ、私は今日も明日も強くたくましくヲタクをしよう。

 

昨日シゲくんと恋し忘れた気がしててエピローグがもらえない可能性に震えているけど…

 

みんなは忘れずに毎日着々と恋を進めるんだぞ。