ちょこがカカオに

手首にヘアゴムを着けさせる為だけにスタイリストになりたい

「untitled」を見ました

 

 

 

またもや騒がしい世の中ではありますが、私のヲタクとしての出身地とも言える嵐のDVDを無事フラゲし、鑑賞しました。

 

 

昔から、「嵐のコンサートはDVDで見るもの」という感覚のある私ですが、今回のDVDもとても楽しみにしていました。

 

 

原因は大きく二つ。

 

・ユニット曲のメンバー分けが最&高

 

・特典「嵐の嵐会」

 

 

いやぁ、いいね。

 

嵐のパフォーマンス、なんでこんなに染みるんでしょう。

 

今回も好きな曲が多いってのはあると思う。

特に「Green Light」と「Sugar」が好きなんですけど…

 

まぁ、読んでくれる方にわかる方がいたらいいなくらいの気持ちで同意を求めます()

 

主には私のただの感想ですが、嵐わかる方が読んでる率は低いだろうという前提でステマのようにお話しして行きたいと思います。

 

まずやっぱり、頭から洒落てるんですよ。

数々のジャニーズのコンサートを沢山見てきたの私の感覚として、メンバーが1人ずつ写って「きゃ〜!」のテンプレから外れてくるスタイル(伝われ)

 

そしてキラキラハデハデしない衣装。

 

大人の色気が漂い、程よい貫禄と残る可愛さ。

 

私の知ってる10年間、彼らはどんどん成長していて変わっているのに、ずっと良さは変わらないどころか増える一方でもはや泣ける。(誰だよ)

 

「Attack it!」は泣くって。

なんと『Beautiful World』以来ですって。

にのちゃんの「だいかいじゅ〜」のおててと翔ちゃんの「シカトする!」の後のあのチャラいお顔、好きじゃないヲタクはいないっしょ?

 

まぁね、私ラップ曲大好き人間なんで好きなんですわかってください。(知らんがな)

 

 

そしてInterがまたもや洒落てる。

なんだそのナレーションという素晴らしい技法は。

NEVERLANDで初めて見た『アイドルが映らないInter』というものがまさかのナレーションスタイル。

なんかめっちゃ声いいし、話す内容も少しずつ歌詞を織り交ぜたりしてヲタクがワクワクする仕掛けだらけ!!

 

 

はい。お待たせしましたユニットコーナー。

JUMPの世界とセクゾの世界でのユニット曲は着替え時間を考慮した分配になってるけど嵐さんはまとめてワンコーナー。

 

ど頭に「UB」を持ってくるあたり既に拍手だしそもそも曲自体が天才なんだけど、演出がこれまたよかった。

 

各々の方向を向いて歌い上げる少しツンとした気持ち。

二番で歩み寄りながら素直になって感謝を伝え、

センターで出会って絡み合い出して()

そのあと響く2人のハーモニーで「We are one」

泣くわそんなん。

にのあいシンメが好きな人間がこれに感動しないなんて不可能だ。

最後の最後にStand by meで手を振りあえば私の潤んだ目からは涙がほろり。(実話)

しかもさ、相葉雅紀の歌が上手くなりすぎ。

嵐でも歌担当の二宮和也と対等にゆったりテンポの歌を歌って感動させられるってやばい。(やばい)

8年ほど前には光る衣装着て「ひぇ〜」って謎の声出してたあの相葉雅紀ですよ?

もはや怖い。

 

 

続いて私の推し、翔潤による「Come Back」

曲を聴く前から絶対かっこいいと確信していたこの曲で、スカジャン着てラップバトルなんてそんな願っても無いことしてくれると思わないじゃん。

まず顔がいいしな?

とてつもなくビジュアルがすんばらしいお二人によるキレッキレのダンスも見もの。

うん、ごめんね?ラップ曲が好きなの。(二回目)

ちなみにここでJr.ちゃんたちにやっと出番がきます。

 

 

そして、私はこのためにこのDVDを買ったと言っても過言ではない「夜の影」

 

マジ名曲。

 

曲的にはだいぶ大野さんソロ感が強い。

フリも大野さんがつけたっていうし、ソロでやっててもおかしくなかったと思う。

けど、すごいいいのは何と言ってもサビのハモり。

Aメロからソロパートを繋いで行って、サビで初めて3人の歌声が出会う。

ヘッドフォンとかで大きめの音で聴いてみて?めっちゃ感動するから。

嵐の中でも特に歌える3人。推せる。

そしてまた素晴らしいダンスなんだこれが…

かっこいいとかいう次元を超えて…

すげぇ。

普段ダンス売りにしてますみたいな9人組見てるはずなんだけど、なんか全然違う。

9人がぴったり揃う彼らのダンスももちろんすごいし大好きだよ。

だけど、彼らにこれはできないと思う…

それこそパフォーマンスで『魅せる』とはこのことって感じ。

それにはやっぱり大人の魅力って必要なのかもしれない。

アラサーになってもずっと可愛い彼らとは、方向性が違ってくる。

 

 

って、そんなかっこいいことをやった直後に流れ出すアキバ系ヲタクに扮する櫻葉の会話。

途中で大野さんも参加して、伝説のアイドルのライブに参加するために新宿への進出を決めるところからこの曲、「バズりNIGHT」が始まる。

私は声を大にして言いたい。

 

おい、なにやってんだ。

 

国民的アイドル『嵐』が東京ドームのど真ん中でヲタクになって駆け回り、ヲタ芸した上でまさかのケバケバアイドルに…

10年私は何を追ってきたんだろうと少し不安になったよ。

そしてこの歌、めちゃくちゃ取り憑かれる。

ずっと「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙(黄巻紙〜)」って流れてるのよ。

最後をエコーっぽく繰り返すのだけでもやめて欲しい。シュールが過ぎる。

これをやってる1人はつい数秒前まで自分がつけた振りでかっこよく踊り、もう1人は数分前までスカジャンでラップかましてて、もう1人は数分前にシンメとの友情で感動の涙を誘った…

既にやばさしかない。

おかしい。

でも、その後のノリがやっぱり嵐だし好きだわこりゃってなるから不思議なもんです。

 

 

そして、すこしわちゃわちゃも織り交ぜながら全く飽きのこないコンサートを2時間半強楽しませていただきました。

 

 

 

そして、楽しみにしていた「嵐の嵐会」

 

ファンの子もこんな風にして嵐会やるのかな〜って呑気に仰りますが、ヲタクの財力は基本あなた方に吸い取られていてそんな豪勢な会を開く金はないです。

肝に命じてくださいよ嵐さん。

 

解説員松本の裏話や分かりやすい解説とともに楽しく鑑賞する4人。

美味しそうなご飯を食べながら、「ここはよかった」とか「これは下から俺も見てるんだよ〜」とか、可愛いお話たくさん聞けた。

風磨くんのお名前出たりJr.ちゃん褒めてくれたり掛け持ちも喜べるし布教にも使えてマジすばら。

 

みんなでお家の中で自分らだけでご飯まわしたり飲み物入れてきたりするのに「ひみつの嵐ちゃん」みを感じて嬉しくなったのはツイッターでも話したので。

 

最後のカンパイソングでサビの度に「かんぱ〜い!」って盛り上がる嵐は最高に好きな嵐だった。

 

 

よし、感想は書き殴ったぞ。

見てみたくなったらぜひ私まで。()

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている間に金髪の件が私の耳に舞い込んできた。

書き上げるまでの間に彼のリングを読んだ。

みんな、強く生きような。私たちは愛されているぞ。

 

それが今言っても上辺にしか聞こえないとかいう声も聞こえる。

でも、それでいいじゃんか。

アイドルとしての彼らが私たちを愛してくれているんだ。

人間手越祐也が1人の女を愛する形と違ったっていい。

それがアイドルとファンだぞ。

 

 

さぁ、私は今日も明日も強くたくましくヲタクをしよう。

 

昨日シゲくんと恋し忘れた気がしててエピローグがもらえない可能性に震えているけど…

 

みんなは忘れずに毎日着々と恋を進めるんだぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルを応援するという事

 

 

 

あ、どうも。

 

 

前回のが今までのものよりもだいぶ多くの方に読んでもらえているのはとてもありがたいのですが…

 

 

 

前回あれだけ書いておいて、その後に超絶病みまくりました。

 

 

 

昔から、自分の書く文章を自分で読むのが大好きというとてつもないナルシスト人間なので、いつも通りに自分の書いたブログも何度も読み返しています。

 

 故に、何度も今回の件のことを考えて、どんどん気持ちが落ち込んでいってしまいました。

ツイッター見てくれている方はご存知かもしれませんが、一晩泣きまくってました。

それも、今回の件でストレートに傷ついているというより、深く考えすぎてどんどんネガティブになる方向だったのでより厄介で、自分でもビビるくらい泣きました。

 

10年間ジャニーズヲタクをやってきて、どんなに貶されても、どんなに笑われても、胸を張って「私はジャニーズが好きだ」と言い続けて来た私。世間にはいろんな人がいて、私の趣味を理解してくれる人もいれば、してくれない人もいるということは何年も前、小学生も低学年の頃から痛いほど理解していました。

 

だから、スキャンダルなんかがあって翌日学校でみんなにネタにされても、強く生きてきました。

 

昔から、アイドルが積極的に見せてくれる部分、要するにお仕事として活動している部分しか興味がなかったし、見たいなんて思ったこともなくて。

四年前、嵐以外のジャニーズに興味を持ち出してからネットでの情報収集とかするようになって、嫌でも良くない噂とかスキャンダルとか、今までとは比にならないくらい目に入るようになって。『アイドルの素顔』という知りたくもない情報、目を塞ぎたくなるような現実が度々あるということを知ってしまいました。

 

アイドルだって、『アイドル』という職業に就いている『人間』なので、感情だったり欲望だったりがあるのは当たり前のこと。大事なのは、それをどう制御するかだと思う。

 

 芸能人でも俳優さんや芸人さんなら熱愛出たって何にも悪くない。だけど、アイドルだからダメ。それは、アイドルの仕事が「夢を売る」事だから。

 

例えば職業が弁護士さんとかなら守秘義務があるからプライベートでもお客さんの秘密話しちゃいけないように、職業がアイドルな訳だから「夢を売り続ける」ためにプライベートを漏らしちゃいけないと思う。

 

って、長年考えてきました。

 

最近、熱愛以外のことも複数出ている中で、ファンは表に出たことしか知らないというのは良い事だと思っていたのが変わりつつあります。

 

逆に捉えると、表に出たことしか知ることができないということだからです。

 

熱愛なんてバレていなければ良いと思っていたから、彼らのプライベートなんてなんでもよかった。けど、それは違った。

私たちがどんなに彼らを守りたくても、見えないところで彼らがとる行動は止めることができない。私たちが見ていれば「そんなことしたらあなたの努力が無駄になっちゃうよ」ってわかることでも、見えないところで行動されては制止もできない。

 

反対に、嬉しい報告も発表を待つしかない。

 

結局はどんなに彼らのことが好きでも、最終的に表に出る情報に一喜一憂することしかできないということ。

 

なんて無力なんだろうって。

 

そんなの当たり前なんだけど、所詮ファンってそんなもんだよねって思っちゃって。

 

 

いやいや、重いよって。

 

自分でもこんなネガティブなの珍しくって、変な感じなんですけど。

 

本当にやるせないというか、虚しいというか…

 

でも、これがアイドルを応援するってことなんだなと改めて気付くことができたと思う。

 

アイドルとファンの距離は一定に保たれていて、私たちは彼らが与えてくれる幸せで笑顔になってる。

だからこそ、彼らがピンチの時、それが私たちにショックを与えたんだとしても、それでも応援すると決めた人たちは彼らに恩返しをしなきゃいけない。きっと、こういう時に「私たちは待ってるよ」って言ってくれる人がいることってすごい心強いと思うから。

それが逆にプレッシャーになっているというのなら、それも必要。

大切なのは、「ここに戻らなきゃいけない」って思ってもらえるかどうかだと思う。

 

今問題になっている彼も、強い意志で今後の生活を改めて、改心した状態で「戻りたい」ではなく「戻らなきゃいけない」と思ってほしい。

私たちがやるべきは帰る場所を保つために動くことで、悲しんだり落ち込んだり、ましてや問題を起こした相手を潰すことでもなければ、叩く人を怒ることでもない。

 

 

あくまで私個人の意見だけれど、私はそう思って今後も『ジャニヲタ』を続ける。

 

 

 

 

 

なんて、カッコつけて締めてみたら、最後に少し恥ずかしくなりましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

NEWSの件からお話したかったこと

 

 

 

 

遂に辿り着くところへ着いてしまったなぁ…というのが今の率直な感想ですね

 

 

 

 

 

各々の考え方があると思うけど、私の意見ってのを言っておきたいと思いつつ、140字に纏めたら誤解を招きそうだなと思って言わないでいたんですよ

折角字数無制限で書ける場を作ったので、なるべくコミカルに、真面目に書きたいと思います

 

 

これを書く目的として、第一に「こいつの考え方理解不能!無理!!」って方が居るのが後々わかると辛いって事です(過去に経験あるもので…)

 

そしてもう一つ、自分的にもふわっとしているポリシーを文章として残す事で、今後の自分の考え方を固定しようと思う事です

私は自分の意見がブレるのがやだ!!!(知らんがな)

 

 

まぁ、そんなわけで、私の意見を書きたいと思います

 

 

 

まず最初に、私は基本的に女系スキャンダルは無関心です

彼女がいようが結婚しようが、彼らが幸せでアイドルとして輝き続けてくれるなら何の問題もないと思ってます

 

まぁ、それがバレちゃいけない職業なので、こっそりやってくれって思いますけど。

 

ただし!!!!警察のお世話になったら話は別だし、法を犯せばアウト中のアウト!!!!!

 

そりゃそうだろって思うかもしれないけど、そこははっきりした線引きをすると決めています。

 

どんな状況であったとて、自分が犯した罪なら償わなきゃいけない。

だから、どんなに好きでも厳しい事を言うし、許せない事は許せない。

 

逆に言えば、本人が償って戻ってくると言うのであれば待とうと思うし、謝罪があるなら聞こうと思う。

 

 

まぁ簡単にまとめると、

・好きな事は変わらないけど、そもそも100%の信用はしていないのでダメージも大きくはないということ

・いけない事をしたのが確かであれば、どんなに好きでも厳しいことを言うし怒りもするということ

 

 

それと、私が伝えたかったのが、両極端な意見として存在している

「〇〇ってそーゆー奴なんだ…失望」

って担降りする人と、

「〇〇がそんな事すると思えない!したんだとしても私は〇〇を信じるよ!」

って人

どちらも沢山いると思うし、個人の意見だから当たり前なんだけどね?

 

まぁ、こういうのを一般的に“不祥事”と呼ぶので、失望してファン辞めますみたいなのはどうぞご自由にって思うし、信じたい!と思うなら信じればいいと思うんだけど…

問題は、後者の人が前者の人を叩いたりすることですよ…

意見がバラける典型例なんだから、お互い触れずにいればいいのよ…

 

なにが言いたいかっていうと、「担降りします」とかって人を吊るし上げて叩いたりするような人は苦手ですよって事です。

反対に、「信じます!!」って人を馬鹿じゃないのwって笑う人も苦手…

 

 

はっきりと言ってしまうと、あんまり触れたくないんですよこーゆーネガティブな話題…

 

こんなに長々書いておいて結局それ!?って感じだけども…

 

 

それから、NEWS担の方々はガチのスキャンダルって結構ナーバスになるんだね…?

 

JUMPの方で、アニバーサリーイヤーにどこかの陰謀かのような見計らったタイミングでスキャンダルが出る…ってのだいぶやったのでねぇ…(笑)

 

なんか、慣れちゃったところもあるのかなぁ…そんなんでいいのかなぁ…と思いつつ、

今回の件も活動自粛という形で行き着いた先とされればこのまま収束に向かえるだろうし、8月に会うときには反省して今度こそ生まれ変わった小山慶一郎を含む4人をお祝いしたいと心から楽しみにしています(当たるかわかんないけどね)

 

 

 

あと、圭人くん、なんで今日なんすか?

私はグローブ座であなたに会えるの結構期待してたんだよ…?

 

てな訳で私はこちらが収束するまで、JUMPメインの活動していこうと思ってますけど、事あるごとに結局湧くので今後ともどうぞよろしくお願いします(ぺこり)

 

 

 

 

 

舞台『薔薇と白鳥』を観てきました

f:id:amano_choco:20180606010848j:image

 

 

f:id:amano_choco:20180606010935j:image

 

6月5日、18時〜の回の薔薇と白鳥を観劇してきました

 

 

なんと言っても

 

 

 

スタイルがいい!!!!

 

 

 

 

 いやぁ、びっくりするほど高木雄也の足が長かった…

 

 

 

 

 

いやいやいや、じゃなくて

 

すごく良かったですよマジで。

うん、めっちゃ良かった。(語彙力喪失)

 

 

そんな訳でですね、つらつらと感想と考察を話したいと思います

もう一度行く予定があるので、その時にはここをしっかり見たいなとかも考えたいと思います

 

 

まずはね、雄也くんの演技力やばい

 

初舞台?マジで?って感じ

 

『FINAL CUT』とかもちろん見てたけど、あれって基本雄也くんじゃん?って思っていて、唯一凄いなって思ったのは大地がボコられるシーン

自分がカッコよく殴りに行く所謂アクションシーンとかはヤラレ役が大事だってよく聞くから、それこそやられる方を演じるのって難しいんじゃないかなって思うし

実際、その後の慶介が助けに来るところではしっかり泣かされたから…

 

生で演技を見るって本当にすごくって、映画やドラマじゃ伝わり切らない迫力とかがあるなと思う

最後のマーロウとウィルの掛け合いのシーンなんかは2人の力強い演技にもはや震えておりました…

 

アイドルとしての彼らを応援しているから観に行っているわけで、結局は雄也くんと光くんとして絡みに湧いたりするのかなとか思ってたのに

完全にマーロウとシェイクスピアとして見ている自分がいることにも驚きました

 

 

あとはもう少し光くんの滑舌が改善するといいなぁ…(時々何言ってるかわからなかった…)

 

やっぱりマーロウって少し良くないお仕事とかしてたりして、彼しか知らない情報を他の人に伝えたりする場面が多くあったり、喧嘩っ早いので捲し立てるようなセリフもあるからどうしても大事なセリフが多いんですよ

ん?ってなるシーンはあったけど、私的に話に支障はなかったかなぁと思ってますけど

一回だけがっつり噛んじゃって言い直したのでうーんって…

今日は調子が良い悪いとかいうのもツイッターで見かけていたので、あれが調子いい日だったとしたらちょっとやばいかなって感じではあった…

 

コホン

そんなことはさておき!お話の内容は凄く面白かったのでそっちの話をしたいと思います

かるーく内容にも触れるので、見たくねぇよ!なにも見ないで行きたいよ!って方はここでお帰りになってくださいね〜

 

 

ちょいと長くなりますよ。覚悟はいいですか?

 

 

いいんですね?

 

 

 

はい。始めます

 

 

一番強く感じたのは、産みの苦しみというものでした

正直、私は今の所趣味程度で小説を書く奴でしかないけど、やっぱり本気で書こうとすると急にかけなくなったり、今まで読んだものに引っ張られてるんじゃないか、これは本当の私の文章ではないんじゃないか、と考え出しちゃう時があるんですよ…

そういうのを2人が生々しく、痛々しく表現してくれていたので、なんか他人事じゃなくて、心が痛かったです…(お前誰だよ)

 

もう一つは宗教上の差別や対立、のはずなんだけど…

そこの重要なセリフ、多分私しっかり聞き取れてない…

プロテスタントが支配するロンドンではカトリックが迫害されてて…っていうやつ

若干マーロウの立場を把握しきれていないしシェイクスピアとマーロウが舞台の主人公とする王様達と指示出している貴族とがどの立場の人なのかふんわりとしか把握できてない…

次回はしっかり聞き取ってなるほどってしっかり納得したいと思います…

 

さっきも話した最後のシーンでの2人の掛け合いは、お互いに実力を認め合っているからこその魂の叫びという感じがして本当に胸が締め付けられました…

国の状況のせいで苦しめられてる2人が命をかける…なんともかっこいい…

苦しむウィルの核心を突いて心の奥底に訴えかけるマーロウはめちゃくちゃかっこいいので、もう少しはっきり言葉を出せると完璧だと思ったよ…

 

そんなわけで主なストーリーは結構重たいなぁと思うのですが、 合間合間にくすっと笑えるシーンを挟んでくれるおかげで少し難しくて重たいストーリーも和らげられていて、楽しく見られるように工夫されているなぁと感じました

 

それと、唯一現時点で理解できていないシーンが、急にマーロウの書いた舞台をマーロウが演じ始めるところなんですけど…

その直前でも書いたセリフを読んでいるし、同じように書いたものを持っているので同じ流れだと思ったら同じ台本持ったフライザー達が来るの…え?って…

思い当たる節があるとすれば、

・台本が完成したことを暗示している

・台本の内容がクライマックスへのカギを握る

とかですかねぇ…

前者ならまぁなるほどって感じだけど、後者ならなんか大事なセリフ聞き逃してるよ絶対…

次回は注目して見ようと心に決めているシーンです…

 

 

基本的にマーロウ視点で描かれるので、ずーっと謎な存在とされるシェイクスピアにイラっとする要素もあるのですが、もはやそれすらかっこいい!!ツンケンしてても偉そうでも悪いことしようとしててもかっこいいし、最初と最後に関してはめちゃくちゃ可愛いです

 

最後のシーンの取り乱すウィル、めっちゃ可愛かったなぁ…(余韻)

 

 

 

とりあえずこんなとこですかね

確信持ててないところとかも多数あるし、次回しっかり見て新しい気づきが多くあればまた書きます

 

まだまだ期間はある。光くんの滑舌が改善していきますように…

 

ブログを始めてみました

 

 

Hello World.

 

 

はじめまして。

ちょこと申します。

今更それペンネームかよなんて思わないでください。ここではちょこです。

 

兼ねてからやってみたかったはてなブログ

たくさんジャニーズのお話を書く方のはてなブログを見てきて、こうやって人を楽しませられたらいいななんて思ってたんです。

ニートJCから在宅JKに昇格(?)してジャニヲタ人生もなんと10周年!!!

 

なので、結果が良いか悪いかは別として始めてみてもいいんじゃない?と思ったわけです。

 

なのでまずは自己紹介から…

 

ペンネームは「ちょこ」でいきます

年齢は高校一年生

なんてことはどうでもいいので…

 

ジャニーズをこよなく愛するただのATMです

主にはこの時代を跳ぶ9人組とNEVERLANDの4人組を甘やかしていきます

担当とリアコを別枠とするアホな考えを10年目にして編み出したりしちゃっているため、要するにみんな大好きマンです

 

もともとは気象な感じの5人組の虜でして…

とは言っても教えてくれる人なんていない環境で、所謂「茶の間」でしたが…

 

そんなわけである日突然山田沼に転落した元嵐担が完全なるジャニヲタとして完成するまでをブログに認めてみようかなぁとか、思ったり、思ったりしています

 

いろんなジャニゴト考察したり自分なりの意見書いたり、そんなカッコつけた遊びをしてみたくなってしまったこれでも一応小説家志望の在宅JKの拙いジャニーズブログ。こんなのが誰かを笑顔にできたら良いなと陰ながら考えております(陰 とは)

 

趣味派生の遊びなので、更新頻度も恐らくまちまちですが、楽しんでもらえたら嬉しいです

 

それでは、これから宜しくお願いします。

 

 

 

P.S. 頭のやつ、やってみたかっただけです。イキリだなんて言わないで…